スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

パッチワークのサイフ

先週、インターナショナルキルトウィークに行ったとき、
一緒に行った母がサイフのキットを買いました。
なぜか母も柴田明美先生のVAZZの色合いが好きなようです。
母は昔から洋裁はずっとやってたので
大抵の縫い物は普通にこなしますが
パッチワークのようなのはわかりづらそうです。
「家でやってみるから教えて」というので
それじゃ私も一緒に縫ってみようかなと思ったのです。
サイフ


小さなピースが多いので、
キットの布が残ったら私にも分けてもらおうと、
母の横に座って作り始めたのですが
なんとなんと、こんな小さなピース用の布もぎりぎりの分量しか入ってません。
仕方なく手持ちの布で裁断しました(当たり前ですが)。
この長さのファスナーや皮の止め具くらいは持ってました。
(材料のストックもだんだん増えてきています)
3日かかってようやく完成。
色は柴田先生らしいかわいらしい色合いです。
中はこんな感じ。
サイフ2

全体像はこんな風です。
サイフ3


本当に小銭入れ程度の小さなものですが
かばんに忍ばせてキーケースにしてもいいかなーと思います。
皮の止め具をつけるのに意外と手間取ったけれど
アクセントになっていい感じです。
ちょっとしたプレゼントにいいかもしれません。

Pagetop

トラックバック

コメント

こんにちは

できましたね♪
ほんとに、素敵な色合いですよね。
いろいろな色が入っているようで、まとまっている、フシギだな~と思います。

小さなケースって、けっこう出番がありますよね。
わたしもかばんの中で鍵があちこちに行くので、小さなキーケースを作ってみようかな。

いつも何かヒントをいただけて感謝です♪
ありがとう!
小物はすぐできるので
根気のない私にぴったり(笑)
柴田先生の配色は、万人受けするようですね。
いつもショップに人がたくさん群がってます。
でも人気の秘密がわかる気がします。
私の場合、なかなかオリジナルのものが作れません。
キットだと失敗が少なく楽だからでしょうか。
いくさんのように果敢にオリジナルにチャレンジする日が来るといいのですが・・・

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

HOMEへ戻る

最新の記事

プロフィール

PIYOKO

Author:PIYOKO
パッチワークをしているときはやっぱり幸せ。
最近つくづくそう感じています。
フルタイムで働いているので
時間があまり持てないのが残念。

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。